作品募集 / 趣旨 / 組織 / 過去の受賞作品

ブックインとっとり「地方出版文化功労賞」 賛助会員のお願い

私どもでは、以下のような趣旨により、毎年「ブックインとっとり・地方出版文化功労賞」の授与、地方出版物の展示会などの事業を実施しておりますが、今年もまたその時期が近づいて参りました。
 この事業の運営に関わる諸費用は有志の方々の賛助会費で賄っております。
 つきましては、出費ご多端の折とは存じますが、なにとぞ趣旨ご理解の上、是非、賛助会員としてご援助賜りたく、衷心よりお願い申し上げます。


  【趣旨】

 地方文化のバロメーターの一つといわれる出版活動の重要性に目を向けたブックインとっとり実行委員会では、1987年鳥取県で開催された「ブックインとっとり87・日本の出版文化展」いわゆる「本の国体」を機に「地方出版文化功労賞」を制定いたしました。
これは広く全国各地に呼びかけ、地方の出版社を対象に、その優秀な出版作品を顕彰するものであります。
 以来28年にわたって、地方と地方、そしてその人と文化を結びつけ、交流を積み重ねて参りました。
その結果今日では、東京一極集中の中でともすれば沈滞しがちな地方出版への激励や奨励として、きわめて有意義であるとして、その貢献を全国から高く評価されております。
 毎年の事業として、このように、地方の出版活動のご苦労に対して鳥取県民が選び、そして贈る「地方出版文化功労賞」授賞と受賞者による記念講演会の開催、その年の各県の代表的な出版物を一堂に集めて展示する「ブックインとっとり・全国各地の本展」があり、この展示は本県内東中西3地区を巡回し、広く県民の皆様のご覧に供しています。
 これらの事業は、地方分権と地方の文化創造が強く叫ばれる現代において、本県より全国に発信する貴重な実践であると自負しております。


 個人会費 年額 一口  5,000円
 法人会費 年額 一口 10,000円        お一人何口でも結構です

     ブックインとっとり実行委員会   実行委員長    小谷 寛